MENU
CLOSE
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
施設について

グループホームすずらん

施設の様子

画像をクリックすると拡大されます。

  • もちつき大会

「グループホームすずらん」について

施設・環境のご案内

閑静な住宅街に囲まれ、都市高速「堤インター」から車で3分、西鉄バス停「下堤」、「片江1丁目」から徒歩8分程度と交通の便が良く、近くには保育園、スーパー、コンビニ等の商業施設があり、日常生活の営みを感じる環境にあります。

すずらんの特色

入居者定員6名のフロアーが1階・2階にあり、合計12名様の施設です。
食堂兼リビングを中心に居室(6室)が配置され、アットホームな生活の中で、きめこまやかにかかわりながら、ご入居者様の暮らしのサポートを致します。
ご入居者様が過ごされてきた日常生活をできるだけ思い出し、ご入居者様と職員が家族のような生活を送っていただきたいと思っております。部屋の掃除やおやつ作りもご一緒に、昔を思い出しながら参加していただいています。
お庭での足湯、ひなたぼっこ、ミニ菜園でトマト・イモ等の収穫など、12名の入居者様とご一緒にワイワイ・ガヤガヤ過ごしています。

健康管理は

施設では毎日、ご入居者様の健康状況を介護士がバイタル測定(血圧・脈拍等の測定)をおこない、疾病の予防・早期発見に努めています。また毎週水曜日に訪問看護師がご入居者様の健康状態を確認しています。
敷地内に隣接する「介護付有料老人ホーム クレアトゥール60」の看護師が24時間常駐しており、緊急時には応援に駆けつけます。また24時間体制の協力医療機関と連携した救命救急体制を確立しています。

リハビリは

隣接のクレアトゥール60の常勤の理学療法士の指導を受け、介護士が起立・歩行訓練、ストレッチ体操、口腔体操などをおこなっています。レクレーションと作業療法を兼ねた行事を実施し、ご入居者様の身体機能の維持、向上に努めています。

お食事は

栄養士がご入居者様の健康状況に応じた栄養管理をおこないます。食物アレルギーのチェックやキザミ・ミキサー食等の対応もしています。
正月料理、ひな祭り、そうめん流し、クリスマス等の行事食の対応や毎月特別食の日を定め、厨房自慢の料理をご入居者様に楽しんでいただいています。

施設の日常・イベントは

日常生活として食事、入浴、リハビリ、カラオケ・作品の制作・季節を感じる外出・運動会・餅つき等のレクレーション、ミニ菜園の収穫、医療機関の往診があります。また訪問歯科、訪問理美容も実施されています。

隣接施設があります

敷地内に「介護付有料老人ホーム クレアトゥール60」が開設されています。
24時間看護師が常駐していますので、将来ご入居者様の医療依存度が高くなった場合、ご希望があれば優先的に転居が可能です。

入居基準

要介護認定(要支援2・要介護1、2、3、4、5)を受けておられる方。

施設概要

名 称
グループホームすずらん
所在地
福岡市城南区樋井川1丁目7番38号
TEL/FAX
TEL:092-873-8354 FAX:092-874-7121
類 型
グループホーム
居室設備
居室12室 定員12名 全室個室
(介護用ベッド エアコン スプリンクラー テレビ配線)
共用設備
食堂兼リハビリ室 浴室 トイレ スプリンクラー 洗濯室 リネン庫 事務室 他
開設年月日
平成21年4月1日
構 造
鉄筋コンクリート造り2階建

グループホームすずらん看護・医療体制

安心して暮らすためのサービスが揃っています。

  • ○受け入れ可能
  • △施設にご相談ください
  • ×受け入れ不可

(2015年10月現在)

  1. 病状
  2. 受入
介護食
糖尿病・インスリン
ストーマ・人工肛門
褥瘡・床ずれ
気管切開
×
ペースメーカー
喘息・気管支炎
疥癬(かいせん)
ブドウ球菌感染症(MRSA)
×
前頭側頭型認知症・ピック病
廃用症候群・生活不活発病
リウマチ・関節症
心筋梗塞・心臓病・狭心症
  1. 病状
  2. 受入
流動食・嚥下食
胃ろう
×
在宅酸素療法
たん吸引
中心静脈栄養(IVH)
×
筋萎縮性側索硬化症
肝炎
梅毒(ばいどく)
アルツハイマー型認知症
レビー小体型認知症
うつ・鬱病
骨折・骨粗しょう症
がん・末期癌
  1. 病状
  2. 受入
リハビリ
鼻膣・経管栄養
×
人工呼吸器
×
人工透析
×
カテーテル・尿バルーン
×
誤嚥性肺炎
結核
ヒト免疫不全ウィルス感染症(HIV)
×
脳血管性認知症
パーキンソン病
統合失調症
脳梗塞・脳卒中・クモ膜下出血
看取

館内見取り図

ボタンをクリックすると写真をご覧になれます。

  • 居室
  • 1階食堂
  • 2階食堂リビング
  • 浴室
  • 厨房
  • 洗濯室
▲ PAGE TOP